2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   03≫
仔ニャンコ 2匹 ~その3~
キジちゃんを病院に預けた翌日から三連休。
時間に追われることなくゆっくりと仔猫様のお世話をしました。

とはいえ、せっかくの休みに朝早くから起きて授乳をするというのは
とてもつらく。。。と思ていましたが、ベージュ君目がくっついて目ヤニが出るので、
ミルクよりむしろ夜中に何回か起きて目薬を点眼。
目をこじ開けて膿のような目ヤニをとり点眼。3時間寝たら目はもう目ヤニでいっぱいになっていました。

ひっろてからウンチをしていないので、三連休は気長におしりをトントンしてうんちを出そうと思いましたがそれも中々うまくいかず、
生後2週間足らずの仔猫がどんなウンチをするのかもわからず、出なくて正解なのか、出なきゃいけないのか。。。
とあてもなくトントントントン......それでも出ない(;´・ω・)

すると3連休二日目、ミルクをやろうとキャリ-から取り出すと
18.jpg
こんなに立派なウンチをぶら下げていました。

「こんな小っさいのにもう自分でこんな立派なウンチできるんや!」と感心したのですが、
ウンチがたまって固くなって、苦しかったのか押し出して出てきたようでした。
翌日にも同じような現象で残りの立派なウンチを自分でし、その翌日には。。。。。。

(閲覧注意、お食事中の方ご遠慮ください)
↓↓↓↓↓↓

19.jpg
今度は下痢(;´・ω・)しかも、白いツブツブが。。。
経験からいうとこれは条虫??
かと思ったのですが、これはミルクの塊だったようです。
ミルクもよく飲むしあとは目だけだと思いきや、便秘が出たと思えば今度は下痢で、
仔猫というのはほんとにわからないです。
18 2
まだまだ猫になり切ってませんが、猫様修行開催中です。










スポンサーサイト
仔ニャンコ 2匹 ~その2~
夜中に様子を看つつ、目薬差したりしながら、翌朝、仔ニャンコたちは何とか持ちこたえました。
朝にミルクをやってもうまく飲んでくれませんが、いくらか口に含ませ病院まであと数時間、何とかなりそうでした。
昨夜のうちにボスに仔ニャンコ二匹同伴出勤の許可を得、一緒に出勤。
去年秋の4ニャン組
4ニャン組
に続いて、職場では多分、「じゃじゃ子さんは病気だ」と思われてるんじゃあないかと思います(;´・ω・)

病院へ連絡し、仕事を抜けてGO。
ミルクの飲みも悪いのでひとまず半日病院へ預けてケアしてもらうことにしました。

カラスにつつかれていたキジちゃんしっぽがこんなことになっていました
IMG_3852.jpg
尻尾は切断が望ましいけど、ミルクも飲めず、状態も良くないので局部麻酔をかけるのは危険だろうということで、
消毒と抗生剤で様子を見ることになりました。
傷口やおしりが腫れミルクも飲めないのでカテ-テルで胃へ流し込んでやる必要があり、週明けまで入院することになりました。

ベ-ジュの男の子は病院でいろいろ試した結果この哺乳瓶なら飲むということでその哺乳瓶をもらって連れ帰りました。
IMG_3884.jpg
体重150gほど生後7日から10日
IMG_3876.jpg
こんなに小さい仔を保護するのは初めてです。

いや、その前の4ニャン組も体重は同じくらいでした。
でも、すでに歯が生え始めていました。4匹と2匹では成長の仕方がちがうんだろうと。。。と思いました。

病院で授乳の仕方を指導してもらい、それまでの我流をすてて、忠実に教えを守ったところ、
ミルクをたくさん飲んでくれました。
ミルクの後は排泄、大事なところをティッシュでトントン、トントン......するとジワ-ッとおっこをしてくれました。
続いてコットンをぬるま湯で濡らして、おしりをトントン、トントン......トントントントン......トントントントン......
今日のところは出ませんでした




~本日のおまけ~
4ニャン組の一緒にもらわれたチャコちゃんと佐吉君(ル-パ-君)
IMG_4852.jpg
譲渡直後生後2か月過ぎのころ

そして4か月が過ぎ
IMG_4851.jpg IMG_4850.jpg
使用前使用後のように腰掛椅子はニャンコ用の入れ物になりました。





仔ニャンコ 2匹
またまたご無沙汰しておりました。
この寒さでしばらく冬眠生活を送っておりましたが、前回の仔ニャンコ4匹のほとぼりも冷めないうちにまた、
拾ってしまいました。

IMG_3858.jpg
今回は2匹。
DRSA5985.jpg
ベ-ジュの男の子 150gくらい
IMG_3869.jpg
キジの女の子 170gくらい
 
生後1週間~10日くらいでまだ目が開いていないのか、目ヤニでふさがっているのか。。。と迷いましたが、
ふさがっているだけのようでした。
こんな小さい子はそだてたことがなく、しかもキジちゃんカラスにつつかれていたようでお手々に傷と、
IMG_3855.jpg

しっぽが下半分えらいことになっていました。
カラスにつつかれていたようでどなたかが箱に入れてくださっていたようです。
私が見つけた時にはすでに暗くなっていて、親も戻ってこないだろうとおもい、
つれてかえってしまいました。連れて帰るしかないです(;´・ω・)
二匹で箱に入れてもらっていたために温め合い、体温を保持できたことが幸いだったと思います。

とにかく温め、ミルク(こういうときのために(;´・ω・)仔猫用粉ミルク常備です)をのませ、
と言いたいところですが、なかなかうまく飲んでくれません。
それでもいくらか口に含ませ、何とか明日まで持ってくれるように祈るばかりでした。
が、当の仔猫たちは意外に元気でゴソゴソと動いてました。
.                                             .....続く
(続きがいつかけることか(;´・ω・))
仔ニャンコ4匹
また長らく更新できずでしたが、
今日は雨ですべてをあきらめゆっくりと過ごしております。
いろいろとたまりすぎて何から書いていいのかわかりませんが、
4匹の兄妹たちはスクスクそ育ち
ウ-パ-ル-パ-1
ウ-パ-君(左)とル-パ-君(右)

IMG_2810.jpg
サビちゃん

IMG_2593.jpg
白黒ちゃん

拾った直後はミルクを飲ませればスヤスヤと眠っていましたが、スクスクと育てば育つほど遊びたい願望が強くなり、
遊びまわって回収するのが大変で、それでも眠くなったら
IMG_2321.jpg
その場でまたスヤスヤと眠り。。。
そしてまたスクスクと育ち、4匹はそれぞれ里親さんのもとに嫁いできました。

IMG_3598.jpg
ル-パ-君は佐吉という名前になり、サビちゃんはチャコちゃんという名前になり一緒に嫁いでいきました。

IMG_3599.jpg
ウ-パ-君はリリ君という名前になりました。

IMG_2163.jpg
白黒ちゃんはキキちゃんという名前になり、写真がなぜがうまくUPできません(;´・ω・)

みんなそれぞれ巣立って行きました。
今回は乳飲み子でしたので焦りましたが、ボスにお願いし会社に同伴出勤を許可してもらい
なんとか育てることができました。
いい会社です。

それにしても仔猫4匹はしんどいです。
あとは4匹のそれぞれの幸せを祈るばかりです。








仔ニャンコ 4匹
<前回の更新から長らくが経ち、もろもろの経過もご報告できないまま、
恐れていたことが発生いたしました。

2週間ほど前の仕事の帰り道、のらりくらりと自転車をこいでいたら
かすかに仔猫の鳴き声が。。。
「ん?」と恐る恐る鳴き声のする植込みを探ると
1匹、2匹。。3匹。。。4匹。。。。と4匹が植込みの不法投棄のゴミの傍らにうずくまっていました。
見なかったことにするわけにもいかず、拾って帰りました。
IMG_1586.jpg

体重140~180g、目が目ヤニでふさがっているのか、まだ目が開いていないのか?と迷いましたが、
目がふさがっているようでした。
ミルクを常備していたよかった。まずは体を温め、ミルクを飲ませ、それから目薬を差しました。
拾ったときはまだ「猫だかお猿さんだかわからないわ-」と思うような仔もいました。
IMG_1607.jpg白黒ちゃん♀  
IMG_1732.jpg
サビちゃん♀                 

IMG_1585.jpgウ-パ-君♂

IMG_1596.jpgル-パ-君♂                     

一晩目薬点眼し、翌日は仕事ガバタバタする予定でしたので病院に預けましたがもう目薬は必要なくなっていました。
未だ離乳していない仔猫を育てるのは大変ですが、ミルクやりも少し慣れ、二週間が過ぎた今、トイレも覚え、離乳食もうまく食べてくれるようになりました。

つづく......



プロフィール

Author:じゃじゃ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おおさかねこねっと
最新コメント
さくらねこ不妊手術事業
私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。 今回大阪鶴見緑地公園周辺のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から60頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
おおさかねこネット基金
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: