野良さん日記

近所の野良猫さんの日常を中心に、猫の観察日記を綴る
野良さん日記 TOP  >  2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

その子ちゃんとロシ子ちゃんと三毛ちゃん白ちゃん

保護5日目のその子ちゃん
20130829-2その子
おうちの中にもだいぶ慣れたようですが、
ウンチをした後お尻からウンチをぶら下げているようです。
傷口辺りは神経が通ってなくて、ウンチが切れていないことにきずいてないのでしょうか?
それとも最後のひと踏ん張りができないのでしょうか?
いずれにせよ、命に別状はなさそうなので、預かりさんは大変だけど、まあよかったです。


本日のロシ子ちゃんは
ヨタヨタしながらですが台所を走り回り
ロシ子20130829-2

お気に入りのキャットタワ-のあなに入ったり
ロシ子20130829
相変わらず元気です。

もものすけと仲良しなら一日中気ままに遊んだりぐうたらしたりできるのになぁ・・・
と思いながら以前もらった三毛ちゃん白ちゃんの里親さんからの近況メ-ルを見てたら
こんな写真が出てきました
IMG_0803s-.jpg
三毛ちゃん白ちゃんをもらってくださったしばらくあと、生後数週間の兄弟猫を2匹保護され、
今は4人でこんなに仲良く暮らしているそうです。

もものすけ♀とロシ子ちゃんに見習ってほしいです
スポンサーサイト
[ 2013/08/29 22:47 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)

どうぶつ基金さくら猫無料不妊手術チケット ~PART2 2匹目~

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大阪鶴見緑地公園周辺のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から20頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。


PART2 二匹目は猫とも1号さんのご近所の猫さんです。猫とも1号さんはもうずいぶん前から猫ボラさんをされていて
家の周りの猫さん達もずいぶんTNRされているのですが、なぜか新しい猫が次から次へと出てくるそうです。
きっと捨ててる人がいるんでしょうね。

で、今日捕獲の猫さんは
130827_080532.jpg
むっちゃかわいいさびきじさんで、
推定年齢1才、妊娠していたそうです。
かわいそうですが、これからは自分の幸せだけを考えて生きていってほしいです。

猫を捕獲するよりも捨ててる人を捕獲する方法はないものかと思います。


それで、こないだのその子ちゃんは
20130827その子
(かわいいお顔のオッドアイです)
昨晩は夜中に家の中をうろうろし、隙間に落っこちて、
預かりさんは夜中に大掃除をする羽目になったそうです。
申し訳ないですが、その子ちゃんは元気なようなのでよかったです。
お尻の傷も順調に治ってくれることを祈ります。




ロシ子ちゃん

ロシ子ちゃんがうちに来て1か月ほど経ったと思います。
ひとまず本人は元気にしてましすが、
もものすけ♀と相性が悪いので、ロシ子ちゃんにはゲ-ジの中で過ごしてもらい、
一日に15分~30分くらい、もものすけ♀を締め出して、
ロシ子ちゃんに思う存分遊んでもらっています。

今日は用事をしながらフリ-にしていたので、
自分で走り回ったあと
DSC05240.jpg
カブトムシくんとお友達になっていたようです。



それでロシ子ちゃんトイレの時にたおれてしまい、今日は頭から倒れてトイレから落っこちていたので
緊急対策で囲いを作りました。
DSC05243.jpg

この後のトイレでは倒れても落っこちることなく用を足していたので、
ひとまず安心です。


[ 2013/08/27 00:09 ] ロシ子ちゃん | TB(0) | CM(0)

どうぶつ基金さくら猫無料不妊手術チケット ~PART2 1匹目~

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大阪鶴見緑地公園周辺のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から20頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。



昨日の尻尾の切れた白猫のその子ちゃん(白いので鈴木その子さんからいただきました)
避妊手術はむりかな?と思ってましたが、幸い傷口も化膿していなかったので、
避妊手術と、傷口の縫合をしていただきました。
その子ちゃん20130825-1

その後は入院と思ってましたが、預かってもらえることになり、
ひとまず傷口がふさがるまで預かりさん宅で様子を見ることになりました。

お尻の穴のちょうど上のところまで、皮を引っ張って縫ってあるので、
ウンチを気張った時にプチッとはじけてしまうのではないかと心配ですが、
万が一はじけても、お外ならバイキンに感染することが心配ですが、
お家の中で過ごせるので時間をかければ自己治癒力で治ってくるようなので、
ひとまず安心です。

ということで、
どうぶつ基金さくら猫無料不妊手術チケットPART2  輝かしい1匹目はその子ちゃんになりました。









どうぶつ基金さくら猫無料不妊手術チケット ~PART2~

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大阪鶴見緑地公園周辺のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から20頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。



追加申請でどうぶつ基金さんから15頭分のチケットをいただきました。
今回は知り合いの猫ボラさんたちと協力してあちこちでやっていこうと思います。

まだまだ暑い日が続くので、捕獲後我が家の玄関先で一晩寝かせておくのは熱中症の恐れもあるので、
もう少しすずしくなってからにしようと思っていましたが、今日は少し涼しいので急遽捕獲することにしました。

タ-ゲットは、これも去年から苦戦している猫さん。
このエリアは餌やりさんのご協力でシャム猫親子4匹の手術が完了しています。
残る一匹キジトラの女の子(多分)。この仔も、毎週毎週通いましたがなかなかはいらず、一旦休憩に入り、
しばらくしてから再度挑戦しましたが、やっぱり入らず、
今日ふと「あの仔はこのままだと秋には子連れになる」と、
思い立ち捕獲に出かけました。

目的地に着くと、
タ-ゲットのキジトラちゃんの姿は見えませんでしたが、
以前から聞いていた、最近現れた新入りの白猫ちゃんがいました。
とにかくこのエリアは早いうちにやってしまわないといけないので、
捕獲器を仕掛けてしばらく・・・
タ-ゲットのキジトラちゃんが現れました。

が、入ったのは白ネコちゃんで、話には聞いていましたが尻尾が根本から切れています。
DSC05202.jpg

尻尾がきられたこの仔が現れてから1~2か月、
まだ血が出ています。
まずは尻尾の治療をして行きたいと思います。

涼しいといっても家の中はやっぱり暑いので、
白猫ちゃんの入った捕獲器をお庭に出したら、
お庭の三毛さんが横に座って見守ってくれています。
白猫ちゃん頑張って治療しようね。

ということで
手術を延期することになるかもしれません。
明日病院へ行って相談したいと思います。





くろのすけちゃん

昨日8/17の正午過ぎ、くろのすけちゃんが亡くなりました。
DSC05140.jpg


公園でハトにまかれたパンがほしくて出てきていたそうで、保護され、
去年の9/16捕獲機に入って我が家にやってきました。
迎え入れた時は750gのかわいい仔猫でしたが、突然知らないところにつれてこられて怒っていました。

その後里親さんがきまったものの、白血病だと判明し、うちに居残ることになりました。
そのころはお外が恋しいのかずっと窓際でお庭を見ていました。
DSC02976.jpg

お庭の三毛さんやジュリエットのごはん風景を観察するのが日課になっていました。
DSC02965.jpg

洗濯物が好きなようで
DSC02929.jpg
余り感情を表に出さず、いつも困ったような顔をしていて
かわいい写真がなかなか取れず
DSC02869.jpg
まあまあかわいく撮れた写真がこれ↑くらいしかなくて

この仔はうれしかったり楽しかったりしないのだろうか?と
思ったこともありました。

フミフミチュ-チュ-が好きで
DSC02989.jpg


おとなしくて運動音痴だと思っていましたが、
いつのまにか
DSC03665.jpg
こんなところに登れるようになって、オ-ブント-スタ-を落っことしてしまいました。


びびりな性格で
もものすけ♀が来た時には、
ゲ-ジの中に入れておいたもものすけ♀をいつのまにかゲ-ジをあけてだしてやり、
仲良くしたいけど、でも怖い・・・と
びびりながらもお友達ができたことを喜んでいるようでした。

二人はすぐに仲良くなり
DSC04330 - コピー
(写真はみ出てる)

一緒に走り回り、
一緒にご飯を食べて
一緒にねて、
楽しそうに、うれしそうに過ごし、
こんな日々がまだまだ続くと思っていました。


いつからかくろのすけが走らなくなり、ご飯が減らなくなり、
大好きな缶詰を食べなくなり、抱き上げると軽くなっていて、
日に日に小さくなって、昨日とうとう「もうこれ以上小さくなれないよ」と
虹の橋を渡ってしまいました。

2,3日前から洗面所に隠れたり、戸棚の中に隠れたり、引き出しの中に入ったり、
最期の場所を探しているようでした。

くろのすけが来たときは鶴見の事件や近所のTNRに忙しくて、
ゆっくり遊んであげることもなく、
もものすけ♀がきたときはもものすけにかまってばかりで
くろのすけはほったらかしで、
それでもひがむこともなく
優しくもものすけ♀をうけいれてくれて、
私の帰りを待っていてくれて、
ほんとにほんとに優しい仔でした。

くろちゃんありがとうね。
安らかに眠ってね。
今度生まれてきたら大好きな缶詰をたくさん食べさせてあげるからね。










[ 2013/08/18 23:13 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)

本日のくろのすけちゃん

20130815くろ
しっぽが太く見えるのは
「おいらしんどいのに何写真撮ってんだよ!」と怒っているのでしょうか?

今日は歩くとヨタヨタしています。
洗面所に引きこもってしばらく、
姿が見えないと思ったら洗面台の下の物入れの中に入ってました。
そうかと思えばあっちでぐったり、こっちでぐったり。
一日に何度かポジションを換えてやっぱりぐったり。

もものすけ♀とロシ子ちゃんのにらみ合いも
「おいらそれどころぢゃないんだ」といった様子です。







[ 2013/08/15 21:54 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)

くろのすけともものすけ♀とロシ子ちゃん

白血病と闘病中のくろのすけ
20130813くろもも
今日はももちゃんに看病してもらってます。

ロシ子ちゃんは
20130813ロシ子
元気です。
[ 2013/08/14 01:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

ロッシ-とロシ子ちゃんともものすけ♀とくろのすけ

この前保護したロシアン兄弟のイカ耳君ことロッシ-は7/30になくなりました。
20130727 ロシイカ耳

お腹の中にマンソン裂頭条虫がいました。
マンソンはカエルに寄生している虫だそうで、
ロッシ-は兄弟と離れた後一人でカエルを食べていきのびてきたんですね。
そう思うといたたまれなくなりました。
駆虫の注射を打って2日後に亡くなりました。
薬がつよかったのか、すでに衰弱が著しく助からなかったのか、
一人で1か月も頑張ってきたのに、残念でなりませんでした。


そして、そんな悲しみに浸っている間もなく、
里親さんのもとに旅立っていったロッシ-の妹ロシ子ちゃんが
諸事情により帰ってきました。
決して里親さんが悪いわけではありません。
ロシ子ちゃんの話はまた追々綴っていこうと思います。
20130804ロシ子

そしてロシ子ちゃんが来てから落ち着かないもものすけ♀
20130805.jpg
こんな感じで、ロシ子ちゃんのことを見守って
いると最初は思っていたのですが、
見張っているようです。
「あたしよりかわいい子は許さない」
とでも思っているのでしょうか・・・

いや、ももちゃんもかわいいで。

そしてくろのすけはこの1週間ほとんどご飯を食べなくなり
20130811.jpg
お水はなんとかシリンジで飲んでくれます。

昨日は爪とぎにまたたびをふりかけたら
いそいそと寄ってきて酔いしれてました。
201308112.jpg
まだ少し元気があるみたいです。

今日は洗面所に引きこもってます。


もう少し、もう少し頑張ってね。


[ 2013/08/11 22:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃじゃ子

Author:じゃじゃ子
TNR時々保護活動



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。