野良さん日記

近所の野良猫さんの日常を中心に、猫の観察日記を綴る
野良さん日記 TOP  >  2013年10月

どうぶつ基金さくら猫無料不妊手術チケット ~PART2 9匹目~足を怪我したクロちゃんは今・・・

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大阪鶴見緑地公園周辺のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から20頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。



9/14に捕獲9/15に去勢手術をした クロちゃん。
前足に大けがを負っていました。
20130914黒オス
前足がずる向け、足先は黒い餅でも踏んだんちゃうか?と思うほど、3倍ほどに腫れ上がっていました。
去勢手術後、泣く泣くリリ-スし、その後も何度か見に行ってみましたが姿はなく心配していました。

するとたまたまその現場の近所の方が、足を怪我した仔がいたというので、
経緯をはなし、また見かけたら足先の腫れを見ておいていただくようお願いしましたところ、
昨日、クロちゃんに出会ったそうで、「けがは治ってないけど足先は腫れていたなかったよ」だそうです。
クロちゃんは元気に走っていて、モリモリとご飯を食べていたそうです。

腫れが引いているのなら、細菌感染は大事に至ってないと思われ、あれからすでに1か月たっているので、
時間はかかるだろうけど、自然に治癒することが期待できそうです。

去年同じような怪我をしていた仔も皮は張ったものの足先は引っ張られて少し上を向いて、
毛は生えてこず、ケロイド状になっているそうです。

命に別状がないなら不幸中の幸いということで、クロちゃんが元気でいてくれてひとまず安心しました。









スポンサーサイト

ロシ子ちゃんのこと ~その5~

9月の半ばごろから前足にも症状が現れ始めたロシ子ちゃん。
著しい進行は感じられませんが、
そのころに比べるとやはり動かなくなってきました。

不自由なりにも立ち上がろうとしていましたが、
不自由なりにも走ろうとしていましたが、
だんだん、動くことが少なくなってきました。
自分でも体の不自由な自分に気づいているようです。

が、
捉まるところがあると、
支えになるところがあると、
蹴るところがあると、
ゴソゴソと動いたり、
あっち向いたりこっち向いたり
ゲ-ジの中でよじ登ったり
しています。

DSC05562.jpg

DSC05563.jpg

DSC05579.jpg

最近のお気に入りは
DSC05586.jpg
孫の手で
DSC05592.jpg
孫の手を見ると大興奮して、飛び上がってしまったりします。

そんなロシ子ちゃんの元気な姿を見ていると、
まだまだ頑張れるんじゃないかと期待しています。






[ 2013/10/09 23:11 ] ロシ子ちゃん | TB(0) | CM(0)
プロフィール

じゃじゃ子

Author:じゃじゃ子
TNR時々保護活動