FC2ブログ

野良さん日記

近所の野良猫さんの日常を中心に、猫の観察日記を綴る
野良さん日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ロシ子ちゃん >  ロシ子ちゃんのこと ~その11~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシ子ちゃんのこと ~その11~

ライソゾ-ム病ではないかと診断されてから、
日に日に進行するロシ子ちゃんの症状を見ていて、
年は越せないんじゃないかと思っていましたが、
無事2014年を迎えることができました。

年が明けてからは、それまでパニック状態で跳ね回っていたのがだんだん落ち着きを見せるようになり表情も穏やかで触らせてくれるようになりました。

時にはねることもありますが、跳ねる時間は短縮され、跳ね回る距離も短くなり、頭の揺れも揺れる幅が縮んだように思え、進行が止まっているのではないかと思えるくらい穏やかに過ごすようになりました。

しかし、それは言い換えれば、跳ねる元気がなくなりったということで、月単位で振り返るとやはり、食べる量は減り、食べるのに時間がかかり、自分で動く範囲もせまくなり、それまでは自分でしていた毛づくろいが、だんだんできなくなり、今ではご飯の後に自分の手さえなめなくなりました。

触らせてくれるようになったころから、銀ちゃんのお母さんが若干爪を立て気味に毎日30分ほどのマッサ-ジをしてくださり、それが毛づくろいの代わりになっているようです。
私もお邪魔した時にはマッサ-ジをしてやるのですが、気持ちいいのか、マッサ-ジの時間は至福の顔をしています。
その顔はあまりにも不細工なので、ロシ子ちゃんの名誉のためにもUPするのはやめておこうとおもいます。

普段は寝たきりではなく、体を起こそう起こそうとしているのですが起こすことにも限界がありますが、マッサ-ジをした後は体がほぐれて軽くなるのか、活発に動きかわいい声で鳴き、ご機嫌さんに過ごしています。

自分でかじった手の傷もだいぶ落ち着いてきたので、抗生物質の注射もひと段落した矢先、また新たな症状が出てきました。
おしっこをした時に泣き叫んだそうです。
おしっこには茶色い血と思われるものが混じり、検査の結果尿路結石だったそうです。
自分で大事なところなめることができなくなり、それまで手の傷の治療で抗生物質を投与していたのを止めたことにより
細菌感染をおこし、それも起因となったのではないかと思います。
また抗生剤などの注射を再開し、今は落ち着いているようです。

20140111 ロシ子 (4)
20140111 ロシ子 (3)
1/11 マッサ-ジの後はこんな風に元気です。

20140216 ロシ子 (1)
2/16 私がお邪魔した時は大体こんな感じで迎えてくれます。
 20140216 ロシ子 (6)
   その後マッサ-ジとおやつでちょっと元気になります。

20140308ロシ子 (3)
3/8 まだまだご飯は食べてます。
20140308ロシ子 (1)
   食べ疲れたらお昼寝します。






スポンサーサイト
[ 2014/03/09 13:39 ] ロシ子ちゃん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃじゃ子

Author:じゃじゃ子
TNR時々保護活動



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。