FC2ブログ

野良さん日記

近所の野良猫さんの日常を中心に、猫の観察日記を綴る
野良さん日記 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ロシ子ちゃんのこと ~その13~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシ子ちゃんのこと ~その13~

3/29のロシ子ちゃん

20140329ロシ子 (10)
こんな感じで突っ伏してましたが、
少し触ってやると
20140329ロシ子 (8)
頭を上げて、体を起こしました。

11月に視力を失って、攻撃性のような症状が出てきたときには
もう生きている間にだっこしてなぜさせてくれることはないだろうと思っていましたが、
抱っこできました。
20140329ロシ子
ずっと膝の上に載せてなぜていると、一人で何かしゃべりながら手足を動かし始終ご機嫌でさんでした。


このころは、二週間に一度の抗生剤の注射を打ってもらい、尿路結石も落ち着きましたが、
ご飯の量が減り、時間がかかり、体重が減り続け、
それでも静かに過ごしたり、ご機嫌さんだったりのロシ子ちゃんなりのすごし方をしていたようです。


4/13
20140413ロシ子 (9)

20140413ロシ子 (8)

20140413ロシ子 (3)

多いときで2Kg少しあった体重がこのころには1.2Kgほどまでおち、
咀嚼力がおち、ご飯はス-プや流動食中心になりました。
その後、食べたものを飲み込むことが困難になり、のどに詰まらせるような症状ができてきました。


5/4 
3週間ほど様子を見に行けず、約3週間ぶりに会いに行くことになっていましたが、
朝から様子がおかしく、お昼すぎに反応しないと連絡をもらい駆けつけました。

銀ちゃんのお母さんに抱かれて、玄関で待っていてくれたロシ子ちゃんをみて、涙が出てきました。
声をかけても反応がなく、抱いてなぜてなぜて、なぜて・・・
そうこうしてると、頭をあげて手足を動かし、またいつものロシ子ちゃんに戻ってくれました。
20140504ロシ子 (3)

20140504ロシ子 (2)

その後モソモソと動いていたので、ひとまず安心しましたが、
私が帰ったあと、18:55、銀ちゃんのお母さんに抱かれて眠りについたそうです。

最後は「アンアンアン・・・」と何かしゃべり、体に残っていたものを吐き出して、
ほぼ苦しむこともなく、静かに眠りについたそうです。

ちょうど1才になったばかりでした。
ライソゾ-ム病ではないかと診断されたとき、
いつか安楽死ということを決断しなければならないんじゃないか?
いつその時がくるのか?とずっと考えていました。
視力を失い、跳ね回り、かみついたり攻撃性のような症状が現れた時には、
この状態で、介護ができるのか?
この先どんな症状が出るのか?と常に安楽死ということを考えさせられました。

預かってくださっていた銀ちゃんのお父さんとお母さんとの献身的な介護のおかげで、
ロシ子ちゃんは自分の命を最後まで生き抜くことができました。
最後は自分で「わたしもう頑張ったよね。お父さんお母さんありがとう」と思っていたんじゃないかと思います。



2日後の5/6
お父さんとお母さんと、私も参列させていただき
ロシ子ちゃんを荼毘に付しました。
20140506ロシ子 (4)
ロシ子ちゃんの体は硬直することなく、触っているとムクっと顔あげるんじゃないかと思うくらいやわらかく
穏やかな顔をしていました。

ほんとによく頑張りました。


ロシ子ちゃんとお別れするお兄ちゃん(か、弟)の銀ちゃん
20140504ロシ子4
銀ちゃん、いつもロシ子ちゃんを見守ってくれてありがとね。

スポンサーサイト
[ 2014/05/14 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃじゃ子

Author:じゃじゃ子
TNR時々保護活動



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。