野良さん日記

近所の野良猫さんの日常を中心に、猫の観察日記を綴る
野良さん日記 TOP  >  ロシ子ちゃん >  ロシ子ちゃんのこと ~その3~

ロシ子ちゃんのこと ~その3~

ロシ子ちゃんの症状は
後ろ足に力が入らず、しっかりと立っていられず、
お尻と尻尾がユラユラとゆれ、立ち上がる際、
走り出す際に踏ん張れずよろつき、
ウンチの際には力んでいる体を支えられないのか
立っていられず、横座りしてするようになりました。

血液検査でもそれらしい原因がわからず、インタ-フェロンも抗生剤も効かない・・・
あとは先天性の病気か・・・
MRIなどで検査することも提案されましたが、
費用が掛かりすぎることと、全身麻酔をすることへの危険性、
それで原因が分かったところで、
費用的に治療ができるのかどうか、
治療したところで治るのかどうか・・・
と考えるとMRIはせず、
脳炎を起こしている可能性を考え、
試験的にステロイドの投薬をしてみようということになりました。

しかしながら原因がわからないところでステロイドの投薬をするよりも
一度脳神経科の専門獣医さんに診察だけでもしてもらったほうがいいのではないかと提案があり、
VRセンタ-の脳神経科の獣医さんに診てもらいました。

VRセンタ-では動画に撮った家での様子を見せ、
実際にそこでロシ子ちゃんを地べたに下ろして動かせてみました。

獣医さんの診断では以下の2つの可能性が高いということでした。
・小脳低形成(母親がパルボに感染していた場合に起こりうり、症状は悪化しない)
・ライソゾ-ム病(細胞から分解されるものが排泄されずに蓄積し、症状は進行し多くは1~2年の寿命)
熱は振戦することにより発生しているのではないか?
両者ともに治療法はなく、生活に支障がある場合、その都度対処療法していくしかないとのことでした。

きちっと検査をしていないのでこれと決まったわけではないですが、
ロシ子ちゃんの症状が日に日に進行していることをおもうと、
ライソゾ-ム病か、もしくはそれと同じような不治の病だろうと思います。

治らないのであれば、一切の治療をやめて、
短いニャン生にロシ子ちゃんが一つでも多くの幸せを感じてくれるように努めようと思いました。


それからもロシ子ちゃんの症状は進行し、今ではおしっこも横座りでするようになりました。
それでも最初のころはウンチのたびに手や足が汚れ、ゲ-ジの中が汚れていましたが、
自分なりの方法を考えたのか、今では汚れないようにうまく用を足しています。
DSC05331.jpg

つづく・・・



おまけ

昨日は保護当初の預かりさん宅へ一日保育に行きました。
20130914ロシ兄妹
左-預かりさんとこの仔になったお兄ちゃん(か、弟)の銀君ことロシ男君
右-ロシ子ちゃん











スポンサーサイト
[ 2013/09/15 21:05 ] ロシ子ちゃん | TB(0) | CM(1)
ロシ子ちゃん元気になりますように。

はじめまして。
大変な時期にメールをおくりすみませんが教えて頂きたいことがあります。
私は数年前から殺処分をなくしていきたいと思いTNRをしていくことにきめました。
無料不妊手術チケットはどのようにすればてにはいりますでしょうか?
ホームページを読んでもわからないところがあり、チケット入手にはいたりませんでした。
[ 2013/09/20 22:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じゃじゃ子

Author:じゃじゃ子
TNR時々保護活動